TEST 損しないで上手に食べたい!食べ放題で使える5つの技

いろいろな種類の料理や飲み物、デザートを、自分の好みで選んで、自分のペースで気ままに食べられることが魅力の「食べ放題」。

きれいにズラッと並んだ料理を見るとワクワクした気持ちになり、定期的に家族や仲間、友達と一緒に行く方も多いと思います。

そんな「食べ放題」、一度は「損をせずに、元を取りたい!」と思ったことはありませんか?今回は、「食べ放題」で損をしないための技を5つご紹介します!

【損をしない技1】当日の朝は「揚げ物」を少量食べる
食べ放題に行く前に、何も食べないで空腹の状態で行くのは一見正しいように思われますが、実は間違いです。胃袋が収縮した状態になり、食べてすぐに血糖値が急上昇して、すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

もしランチの時間に食べ放題に行くなら、当日の朝に「揚げ物」を少量食べるのがオススメです。油っぽい食事をすると、脳の摂食中枢が刺激されて、約4時間後に空腹を感じてたくさん食べられるようになるそうです。

なので、意外ですが朝から油っぽい「からあげ」や「トンカツ」を食べるといいのですが、食べ過ぎるとお腹も減らなくなるので、あくまでも少なめに!

【損をしない技2】ゆったりした服装で肩掛けバッグで行く
<服装について>
食べ放題に行くときは、お腹を締めつけないゆったりした服装で行きましょう。

女性なら、ウエストにゆとりのあるワンピースがオススメです。男性も、ウエストにゆとりのあるズボンを選びましょう。ベルトは、ベルト自体をつけないか、つけてもベルトの穴に余裕のあるものを選びましょう。

<バッグについて>
食べ放題に行くときは、「肩掛けバッグ」が便利です。料理をとりに行くときに、貴重品も一緒に持ち歩けて身軽になれるからです。治安のいい日本と言えども、席にバッグを置いたままにしたり、一緒に来た人に見ていてもらったりすると、貴重品がなくなったときにトラブルの原因になります。自分の物は、自分で責任をもって管理しましょう。

【損をしない技3】原価率の高い食べ物を選ぶ

金額的に損をせずに、元を取りたいなら、原価率の高い「肉類」「魚貝類」「野菜」「フルーツ」を集中的に選んで食べましょう。パスタやお米、パンなどの「炭水化物」は原価率が低いので、食べ放題では少なめに。

<お肉について>
肉類は原価は「牛肉>豚肉>鶏肉」なので、牛肉や希少部位が狙い目です。シェフが1枚1枚焼いている「ステーキ」、1枚1枚カットしている「ローストビーフ」なども原価が高い可能性があります。原価率は高いが、シェフが目の前にいる状態で何度も取りには来ないだろうという、店側の心理的戦略なのです。

<魚貝類について>
安い食べ放題だと、ほどんどメニューに無い「魚貝類」は原価が高いのでオススメです。魚介自体はヘルシーですが、「天ぷら」や「フライ」など油を使った料理はお腹がいっぱいになるので注意!

<野菜について>
野菜はキャベツやキュウリは原価率が低く、水分と食物繊維で満腹になりやすいので少なめに。日頃、スーパーで野菜を買うときを思い出しながら、原価率が高そうなトマトやブロッコリー、パプリカ、カボチャ、珍しい野菜などを積極的に選びましょう。

<フルーツについて>
フルーツは原価が高いのでオススメです。油っぽい料理、味が濃い料理の後に一口食べれば、口もスッキリしますよ♪

【損をしない技4】一度にたくさん盛りつけない
お皿に料理をたくさん盛りつけると、何度も席を立たずに済み効率的で、食欲もそそられますよね。

しかし、たくさんの料理が盛りつけられたお皿を見ると、その視覚情報が脳に伝わり、脳がお腹いっぱいと感じはじめてしまいます。なので、お皿に盛りつける量はほどほどにしましょう。

ただし、フードファイターのように日頃から大量に食べることに慣れている方は、特に問題はないそうです。

【損をしない技5】糖分の多いジュースやスイーツは後半に

「糖分」は満腹中枢を刺激するので、甘い食べ物、飲み物を選ぶのは食べ放題の後半にしましょう。

<飲み物について>
特に、飲み物は原価率が大変低く、飲み過ぎるとお腹もいっぱいになり、料理が食べられなくなります。食べ放題の前半はウーロン茶や水など糖分が入っていないものを選びましょう。炭酸水は、程々に飲めば、胃が活発に動いてくれるそうです。

<スイーツについて>
スイーツは、原価率の高いフルーツを使っているものがお得です。原価率の低いゼリーは損です。ムースやチョコレート系は乳脂肪が多く、すぐにお腹がいっぱいになる可能性があるので程々に。ドーナツ系は「油&小麦粉」で原価率が低く、胃も重くなるので注意!

まとめ
いかがでしたか?「食べ放題」で一番大切なことは自分自身が楽しく、満足した気持ちで食べられること。「食べ放題で損しない技」を活用して、お得に気持ちよく食べ放題を堪能しましょう!