知らずに妊娠すると192万円損するかもしれない【お金の知識10選】

未分類

 

子供が欲しい…!と焦っていませんか?

そろそろ子供が欲しい・・・
子供を設けるために、準備や考えておかなければならないことがあります。特に働く女性は、出産後のキャリア・勤務スタイルの変化などが気になるところ。

また、出産・育児に関しては、国や会社が社会保障としてサポートしてくれるものが色々ある。
ですが、その多くは受給するためのルールが厳密に決められているため、
そのルールを知らずに妊娠した結果、100万円以上損してしまう可能性が。

賢いお母さんになるためにも、あらかじめ準備できる知識は備えておきましょう。

主張(〇〇のサービスは凄い。中でもプランは〇〇が良い。)

傷病手当金を知れば、106万円の損が防げる

中でも、知らない人が多いのが傷病手当金。

悪阻(つわり)がひどく、就業が難しい場合、
医師の診断書などを提出すれば、傷病手当金として減額された給与の3分の2が健康保険組合から支給されます。

また、忘れてはいけないのが退職日において、
傷病手当金を受給中であれば退職後も支給が続くということ。

仮に、妊娠2ヶ月目〜出産日まで傷病手当金を受給した場合
月給20万円の方の場合、約106万円が支給される計算になります。

知っているか知らないかで、こんなに差が出るんです。

傷病手当とは、健康保険に加入している人が、
業務外の病気や怪我で働くことができない状態の時に、
おおよそ給与額の2/3を最長で1年6ヵ月受け取ることのできる制度です。
この病気や怪我には、悪阻(つわり)も含まれる場合があります。

助成金については、100万円も

 

例えば、東京都港区では、出産一時金と実際にかかった分娩費用の差額を上限60万円まで助成してくれます。茨城県利根町であれば二人目の出産で50万円、三人目の出産で100万円の出産祝い金が支給される。

参考:東京都港区「出産費用の助成」
参考:茨城県利根町「利根町子育て応援手当支給制度」

出産することでかかる費用以外のお金

機会費用って知ってますか?

機会費用とは、
「ある一方を選んだことによって、他方から得られたであろう利益の最大のものとの差」

言い換えると、
「出産」という「機会」を得る為に必要な「費用」ということになります。

出産をせずフルタイムで働いていた場合の1億円の価値

子育てを選ぶということは、
子育てをするための費用(約1,000万円/人)に加えて、
働けば得られたであろう収入を失うことになります。

仮にその収入が、毎月30万だとしたら、年間で360万円。
30年で10,800万。(実際にはもっと)

結果、子育て(専業主婦)によって失う利益は、
「1,000万円+10,800万」で11,800万円を超えます。

子供に直接かかる費用を知ってる人は多いですが、
機会費用まで考慮してる人は少ないです。

出産を考える場合、
1億円(働いてたら得られる利益)を捨てる覚悟と、
それを補う準備が重要です。

出産し、産前産後休暇・育児休業をとった場合

 

 

出産月による損

復帰のために、保育園を探すも全く空きがない・・・。
都心の保育園は4月入園でないと、ほぼ空きが出ないのが現状です。
そのため、出産月によって育児休業の期間が決まると言っても良いでしょう。

4月出産の場合

出産後、1年で4月が来るため、

①1年で復帰する
②2年で復帰する

10月出産の場合

出産後、半年で4月が来るため、

①出産後6ヶ月で復帰する
②出産後1年6ヶ月で復帰する

の2択の可能性が高くなります。

 

 

保育園の場所による損

 

出産で考えられるデメリット

仕事復帰の実態は?1年後の復帰がスタンダード
出産して、実際にどれくらいの期間で復帰している人が多いのでしょうか?

現実に、これから起こりうる可能性をみていきます。

・キャリア

 

メリット(〇〇な良い点がある。デメリットを超えるメリット。)

 

導入方法(わかりやすく手順を解説。画像で解説も。)

兎にも角にも、妊娠は計画的に。

あと1ヶ月遅ければ、192万円が貰えたのに・・・と後悔することの内容。
賢いお母さんを目指しましょう。

口コミ

 

条件説明(提供地域・よくある質問)

 

最後のまとめ(上の情報の要点を再度載せる)

 

お申込みリンク(キャンペーンや特典など今すぐ理由。このサイトから申込するメリットあれば。リンクは分かりやすく)